<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

江戸川区の祭りが一堂に(産経新聞)

 江戸川区に古くから伝わるさまざまな祭りを紹介する企画展「江戸川区の祭り〜その心とカタチ〜」が、区の文化施設「篠崎文化プラザ」(同区篠崎町)で開かれている。

 茅の輪をくぐって無病息災を願う「茅の輪くぐり」(北小岩の北野神社)、全長20メートルの巨大な幟旗をあげる「幟まつり」(篠崎の浅間神社)など、意外と知られていない特色ある祭りの歴史や由来を展示しているほか、祭りを伝えてきた区民たちの思いもパネルで紹介している。6月13日まで。入場無料。

 

パスザバトン 粋なセンスでリサイクル(産経新聞)
普天間「ほぼ現行案」に地元心外 「強行すれば暴動起きはしないか」(J-CASTニュース)
中郵ビル建て替え延期 大阪、保存方針決まらず(産経新聞)
常用漢字 191字増の2136字 改定答申案決定(毎日新聞)
慈恵医大病院を捜索=「申し訳ない」と医師―不同意堕胎事件・警視庁(時事通信)
[PR]
by bqk1fix46o | 2010-05-26 13:14

ニセ女医の要望スンナリ、病院200万円支出(読売新聞)

 岩手県立宮古病院に循環器科医として着任するはずだった女性が無資格だったとされる事件で、医師法違反容疑で宮古署に逮捕された一宮輝美容疑者(44)の要望で、病院が職員公舎をリフォームして家電製品を購入するなど計約200万円を支出していたことが10日、病院関係者への取材でわかった。

 病院は、県とも協議した上で県警に被害届を出す方針。

 病院関係者によると、公舎には一宮容疑者と、やはり医師として勤務する予定で婚約者と名乗る男性(38)が住むことになっていた。内装などをリフォームしたほか、一宮容疑者に「いろいろそろえてほしいものがある。体質的に寒さに弱いのでストーブがほしい」などと要求され、ストーブを各部屋に設置し、テレビをカタログで選ばせた。

 これとは別に、一宮容疑者と男性を2月上旬に宮古市に呼んで面談した際はホテルを用意し、交通費・日当として計10万3440円の現金を手渡した。さらに2人を市内のすし店で接待し、病院が5万1800円を支払ったという。

貨物船同士衝突、1隻転覆=4人脱出、けがなし−大分(時事通信)
普天間移設で閣僚会議、沖縄負担軽減策詰める(読売新聞)
<谷亮子>参院選出馬 「二足のわらじ」に危惧も(毎日新聞)
<総務省>在外公館の業務体制見直し求める 岡田外相に勧告(毎日新聞)
普天間移設 政府案決定へ協議…閣僚会議(毎日新聞)
[PR]
by bqk1fix46o | 2010-05-15 18:37