<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「1Q84」第3巻が100万部=新潮社(時事通信)

 新潮社は27日、村上春樹さんの小説「1Q84」BOOK3の10万部増刷を決め、合計で6刷100万部になると発表した。16日の発売から12日目のミリオン達成は、同社では過去最速という。
 昨年、同時刊行でベストセラーになった「1Q84」BOOK1、2の続編に当たり、発売前から話題を集めていた。新たに読み始める読者も増え、1は累計145万部、2は同121万部。 

【関連ニュース】
「1Q84」ミリオンセラーに=韓国
深夜に「1Q84」発売=春樹ファンの期待に応え一部書店で
「1Q84」300万部突破=BOOK3、発売前に増刷
「1Q84」続編、4月16日発売=初版で50万部
村上春樹氏に芸術文学勲章=スペイン

高速「原則無料に」 政権公約で民主研究会 消費税引き上げ示唆も(産経新聞)
火災 「羽柴秀吉」さん役員のホテル焼く 青森・五所川原(毎日新聞)
高速新料金「不手際あった」=民主党の細野氏(時事通信)
<政府>閣僚と全国知事会長ら 地域活性化などで意見交換(毎日新聞)
54歳女性 路上で血を流して重体 詳しく捜査 横浜(毎日新聞)
[PR]
by bqk1fix46o | 2010-04-30 13:32

【from Editor】郵政見直しには覚悟必要(産経新聞)

 昨年、現代の脳外科医が江戸時代にタイムスリップするというテレビドラマが放送された。史実では死ぬ運命にあった人々の命を救うことで、歴史を変えてしまうのではないか−。苦悩しながらも、最新の医療知識を使って医師としての役目を果たそうとする主人公の姿が印象に残った。

 歴史を変えてしまうことの是非はともかく、こんなことが現実に起きたら、現代の医療は今よりも格段に進み、不治とされる病も治るようになるかもしれない。

 亀井静香郵政改革相を中心に鳩山政権が進めている郵政見直しをこのドラマになぞらえると、先祖返りの治療法で逆に苦しむ人を増やす、という筋立てになるのではないか。

 小泉政権が進めた郵政民営化の大きな目的は、日本郵政公社の郵便貯金や簡易保険に集中する巨額の資金を、非効率に使われがちな官から民に流れるようにし、日本経済の活性化につなげようというものだった。これを実現するには、郵貯・簡保の縮小はもちろんのこと、民間金融機関との競争条件を対等にする必要がある。郵政改革は、日本の金融機関をいかに強くするかという問題と表裏一体の関係にあるわけだ。亀井流郵政改革にはこの視点が抜け落ちているような気がしてならない。

 日本の民間金融機関の収益力は大手企業との取引では欧米と比べても遜色(そんしょく)ないが、中小企業や個人相手となるとかなり低い。「過当競争が原因」(金融関係者)なのだという。

 亀井流郵政改革の目的は、郵貯・簡保の預け入れ限度額を引き上げて郵貯・簡保に再び資金を集中させることにあるようにみえる。ダメージを受けるのが、中小企業や個人との取引を主とし体力で劣る地域金融機関だろう。産経新聞の僚紙「フジサンケイビジネスアイ」(6日付)に中小企業向け融資について、関係者が「相手にしてくれるのは信用金庫、信用組合ぐらい」と吐露する場面が出てくる。亀井氏は「地域のため」と繰り返すが、逆に地域を疲弊させる危険をはらんでいるのだ。

 そこで「友愛」を説く鳩山政権に提案したい。「巨大官製金融機関」と化す郵政に、窮地に陥った地域金融機関を吸収合併させて救済する仕組みを作ってはいかがか。もちろん、不良資産を大量に抱えて郵政の経営が立ちゆかなくなるかもしれないのは覚悟の上で、ということではあるのだが。(フジサンケイビジネスアイ編集長 吉田憲司)

<亀井郵政担当相>「郵政改革法」の閣議決定、4月末以降に(毎日新聞)
<普天間移設>徳之島に政府打診 3町長は会談拒否(毎日新聞)
次官の代わり「事務系副大臣」検討と仙谷氏(読売新聞)
一式飾の一畑電車 出雲舞台の映画登場でPR(産経新聞)
第3の多能性幹細胞 がん化の危険低く 東北大大学院研究グループ(産経新聞)
[PR]
by bqk1fix46o | 2010-04-24 00:45

帯広市長選 石川知裕議員と故中川昭一氏夫人が積極的動き(毎日新聞)

 任期満了に伴う北海道帯広市長選(18日投開票)で、政治資金規正法違反で起訴された石川知裕衆院議員(36)=北海道11区=と、急死した故中川昭一元財務・金融担当相の妻郁子(ゆうこ)さん(51)が精力的に動いている。石川議員は民主党を離党したものの、民主推薦候補を支援し、地元での政治活動を“解禁”した。一方、次期衆院選への出馬が取りざたされる郁子さんは「中川ブランド」復活へ向け、自民推薦候補を支援する。市長選を契機に両氏が浮上を狙う展開となっている。【田中裕之】

 「本来なら、私が選対本部長として支えなければいけない立場だった。しかし、心は常に選対本部長です」

 告示日の11日に市内で開かれた民主推薦の新人候補(54)の出陣式。ひときわ大きな声であいさつしたのは、選対の常任顧問に就任した石川議員だった。

 石川議員は「市長選で自分が前面に出るとマイナスになる」と懸念し、裏方に徹していた。だが、民主推薦候補の総決起大会があった2日以降は積極的に表舞台に立つ。「(支持者から)誰を応援しているのかずいぶん聞かれるので、ここで表に出ていくのがいいと判断した」。石川議員は方針転換についてこう説明する。

 09年8月の衆院選で石川議員は帯広市で約5万票を獲得し、中川氏に約1万票の大差をつけた。支持者の中には起訴に同情する声もある。後援会関係者は「地元での復帰戦だ」と力を込める。

  ※  ※

 中川氏の妻郁子さんの自宅は東京都内にある。だが、3月以降、週の半分は帯広で過ごし、11日の告示以降は帯広に張り付く。

 09年10月の中川氏の急死後、後援会は解散。帯広の保守勢力の足並みは乱れた。市長選と同時に行われる市議補選では、自民系市議3人が離党して候補を擁立し、民主の推薦を取り付けた。「中川ブランドでなければ自民はまとまらない」。自民党内には中川氏の後継として郁子さんを推す声が根強い。

 郁子さんは連日、自民推薦の新人候補(63)の選挙カーや個人演説会でマイクを持ち、中川氏の「弔い合戦」を訴える。

 「(衆院選で)主人が『日本が危ない、十勝が危ない』と訴えてもなかなか届かなかった思いが今、全国に広がっている。主人が訴えた7カ月前を思い出してください。この選挙は日本を守るための戦いです」

【関連ニュース】
三好市長選:現職の俵氏が再選 徳島
南丹市長選:現職の佐々木氏が再選 京都
弘前市長選:前副市長の葛西氏が現職破り初当選 青森
香南市長選:現職の仙頭氏が再選 高知
日光市長選:現職の斎藤氏が再選 栃木

仕分け対象の独立行政法人と事業(2)(産経新聞)
学力テスト方式移行「大失政の典型」橋下知事(読売新聞)
「実現できるのか」米大統領、鳩山首相に疑念(読売新聞)
郵政改革法案、20日ごろ概要公表=亀井担当相(時事通信)
海外に59のミラーサイト…男児ポルノ事件(読売新聞)
[PR]
by bqk1fix46o | 2010-04-21 09:50

<空自>スクランブル299回 09年度(毎日新聞)

 防衛省統合幕僚監部は15日、領空に接近した他国籍機に対する航空自衛隊機の緊急発進(スクランブル)が、09年度は299回だったと発表した。過去10年では、07年度の307回に次いで2番目の多さだった。

 内訳は、ロシアが197回で66%を占めて最多。中国38回(13%)、台湾25回(8%)などが続いた。年度を通じ、ロシア機が日本の領空に沿って日本海や沖縄、薩南諸島方面へ長距離飛行したのが特徴。

【関連ニュース】
防衛省:前連隊長発言を擁護 陸自3佐を処分 1尉も指導
埼玉県警商標権侵害:防衛省が警察庁に再発防止を要請
普天間移設:北沢防衛相が沖縄知事に政府検討案説明か
空自談合:初の改善措置要求 公取委
北沢防衛相:自衛隊機を民間転用 検討会発足へ

交番で硫化水素発生、殺人未遂で無職男逮捕(読売新聞)
教会に消火器、ガラス割る 大阪(産経新聞)
覆面マスク強盗団 警視庁、容疑の3人逮捕(産経新聞)
手配の男、殺人未遂などで逮捕=殺意は否認−長崎県警(時事通信)
サクラ満開予想、近畿は寒の戻りでずれ込む(産経新聞)
[PR]
by bqk1fix46o | 2010-04-17 05:35

【高速道路新料金割引】現金利用車は上限料金を払え(レスポンス)

現金利用車が新たにETC車載器を買うべきか否か――。この迷いにひとつの回答を出すのが、都市高速の現金車の扱いだ。

[関連写真]

首都高速と阪神高速は、定額料金制から対距離料金制に変わる。定額料金制では料金前払いを前提として建設されてきたので、出口料金所がない。都市高速道路会社は定額料金制の下では、新たに道路を建設しても、それに見合う収益が上げられないという収支バランスの悪化を理由に、4年前に対距離料金制を検討した。この時は現金車の扱いをどうするかが課題であった。

今回、民主党政権が打ち出した距離別料金制では、「まずは試行なので」(馬淵副大臣)ということで、現金車は上限料金を支払うことで理解を求めるという。

また、NEXCO系高速道路でも、今年度に限って継続される「時間帯割引」については、ETC利用車に限定される。

ETC車載器の利用は、新料金体系への移行で利用者の利用スタイルに合わせて選択する時代になった。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
【高速道路新料金割引】現金とETCの割引区別なし
【高速道路新料金割引】上限料金、NEXCO系は軽1000円から大特1万円
【高速道路新料金割引】 首都高速、阪神高速は対距離料金へ
国土交通省 特別編集
民主党 特別編集

父離れた30分内に炎上…幼児4人死亡(読売新聞)
【日本の議論】永住外国人が急増する背景とその実態(産経新聞)
垂直尾翼ではく離=ISSドッキングに影響なし−山崎さん搭乗のシャトル(時事通信)
<高速道路>本四連絡道の上限料金設定を批判…仙谷担当相(毎日新聞)
<都営新宿線>急行に接触し男性重体、30本運休(毎日新聞)
[PR]
by bqk1fix46o | 2010-04-12 12:20

東京都荒川区役所の駐車場をタイムズとして運営へ(レスポンス)

パーク24は、荒川区から用地を借り受け、区役所の来庁者用駐車場を新設、タイムズとして4月下旬からサービスを開始する。

荒川区の本庁舎耐震改修工事に伴い来庁者駐車場のスペースが減少することから、区の保有する用地を民間事業者が借り受けるもので、駐車場新設による駐車スペースの確保と来庁者、一般利用者への利便性の向上を図る。

荒川区が実施したプロポーザル方式による公募で、電気自動車の充電スタンドの設置や、クレジットカード・電子マネー決済、カーシェアリングの導入など、利用者への高品質なサービス提案、地方自治体の来庁者駐車場の管理・運営実績などが評価され、同社が選定されたとしている。

民間駐車場の運営ノウハウを活用した用地貸し付けによる来庁者駐車場の運営事例は東京23区内では初めて。

同社は今後も各自治体に効率的な駐車場運営を提案し、利便性の高い駐車場サービスを提供する方針だ。

駐車料金は、8時00分から22時00分が30分100円。22時00分から8時00分までが60分100円となっている。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
ソフトバンクとオリックス、カーシェアで協力へ
荒川区でEVシェアリング開始
長崎エビッツ、74台のEVをレンタカーに
パーク24、川崎市の市区役所駐車場でサービス開始
パーク24、町田市役所の駐車場運営を受託

民主が2次公認候補…小沢氏主導2人区に反発も(読売新聞)
「彼女を迎えに」ひき逃げ容疑で24歳逮捕(読売新聞)
積極的な外国人受け入れを 法務省が出入国管理計画(産経新聞)
<警察庁長官狙撃>「オウムのテロ」 会見で警視庁公安部長(毎日新聞)
橋下知事、新採職員に「国家国民を意識して」(読売新聞)
[PR]
by bqk1fix46o | 2010-04-06 23:32

厚労省再生元年の原動力に―長妻大臣が新採職員に訓示(医療介護CBニュース)

 長妻昭厚生労働相は4月1日、新規採用職員入省式で、「政権交代後初の採用。厚生労働省再生元年の原動力になっていただきたい」と、約100人の新職員に訓示した。

 長妻厚労相は、同省再生のため組織力の強化に取り組み、「国民に奉仕する役所に生まれ変わらせる」との決意を示した。その上で、一番重要なことは「現状把握能力」と強調。「現状を正確に把握していないと、どんなに立派なビジョンの政策も的外れな政策になりかねない」と述べた。
 また、現状を把握する上で障害となるのは「おごり」と指摘。「『おごり』は事実を見る目を曇らせ、批判を聞く耳をふさぎ、全体像を正しく想像する思考を鈍らせる」とし、省全体から「おごり」の一掃に取り組む考えを示した。

 さらに、厚労省には新しい政策を分かりやすく説明する能力や、政策の効果や影響を検証する能力などが不足しているとの認識を示し、「これらの能力に注力して仕事をしてほしい」と呼び掛けた。


【関連記事】
「組織改革本番の年に」―長妻厚労相
「今は介護を立て直す大きなチャンス」−長妻厚労相が「介護の日」に
「コンクリートから人へ」で医療費抑制を転換―鳩山首相が所信表明
長妻厚労相、「まず現状把握」
「マニフェストの熟読を」―長妻厚労相が訓示

子ども手当法案、26日成立=参院厚労委で可決(時事通信)
規制改革分科会が初会合=鳩山政権で論議スタート(時事通信)
<社民>班目氏含め国会同意人事案に同意へ 常任幹事会決定(毎日新聞)
10人の原爆症申請却下取り消し=甲状腺機能高進症を初認定−東京地裁(時事通信)
鳴門海峡で貨物船同士衝突、2人が行方不明(読売新聞)
[PR]
by bqk1fix46o | 2010-04-02 01:14