<空自>スクランブル299回 09年度(毎日新聞)

 防衛省統合幕僚監部は15日、領空に接近した他国籍機に対する航空自衛隊機の緊急発進(スクランブル)が、09年度は299回だったと発表した。過去10年では、07年度の307回に次いで2番目の多さだった。

 内訳は、ロシアが197回で66%を占めて最多。中国38回(13%)、台湾25回(8%)などが続いた。年度を通じ、ロシア機が日本の領空に沿って日本海や沖縄、薩南諸島方面へ長距離飛行したのが特徴。

【関連ニュース】
防衛省:前連隊長発言を擁護 陸自3佐を処分 1尉も指導
埼玉県警商標権侵害:防衛省が警察庁に再発防止を要請
普天間移設:北沢防衛相が沖縄知事に政府検討案説明か
空自談合:初の改善措置要求 公取委
北沢防衛相:自衛隊機を民間転用 検討会発足へ

交番で硫化水素発生、殺人未遂で無職男逮捕(読売新聞)
教会に消火器、ガラス割る 大阪(産経新聞)
覆面マスク強盗団 警視庁、容疑の3人逮捕(産経新聞)
手配の男、殺人未遂などで逮捕=殺意は否認−長崎県警(時事通信)
サクラ満開予想、近畿は寒の戻りでずれ込む(産経新聞)
[PR]
by bqk1fix46o | 2010-04-17 05:35


<< 帯広市長選 石川知裕議員と故中... 【高速道路新料金割引】現金利用... >>